FC2ブログ

【第72回】肥育部門の紹介

はじめまして。今年から入社した早田です。
今回は自分が働いている那須農場の肥育部門をさらっと紹介したいと思います。
この部門はざっくり言うと、「豚を太らせて出荷する、養豚での最終段階」です。英語でもこの部門は「finisher」や「finishing」というそう。
そろそろ出荷できそうかなー?という大きさになってきたら体重計にのせて体重を計測し、出荷の準備をします。
P1000228.jpg
豚房(豚を飼育している部屋)から豚を出してきて、体重計に追い込み、体重を測ってるところです。
P1000185.jpg
計測値を背中に書いて豚房に返して体重測定は終了です(上の写真の「16」はこの豚が116kgであることを示しています)。また、胴の横幅、胴の長さ、高さ(お腹から背中までの長さ)、お腹のできものの有無などでいい豚かどうか判断するのですが・・・自分はまだまだ見分けられません。


そして撮影日(5/15)では頭数は少ないですが保育部門から肥育部門への豚の移動がありました。
P1000207改  P1000213改  P1000212改
保育部門の豚舎から運ばれてきた小豚達を肥育部門の豚舎の中の豚房にいれる作業です。この作業を「N-C」といいます。小豚達が元気いっぱいに通路を走ってきます。
毎日の豚舎内の温度管理と換気、餌や水の量のチェックなどの他、この子達が大きくなってきたら今度は「分け」という窮屈になった豚房内の半数を別の豚房へ移動させる作業があったり・・・この子達が出荷するまではやることが多いです。

りっぱな豚になってね!

以上、早田がお伝えしました~

コメントの投稿

Secre

プロフィール

soganoya

Author:soganoya
私たち曽我の屋農興は、栃木県那須塩原市を中心に、安全でおいしい豚肉の生産および販売を行っています。そんな私たちの日々の出来事をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード