FC2ブログ

研修生レポート②(第15回)

9月にて研修を修了いたしました。舘野の研修レポート。
2回目の今回は那須農場、分娩編です。


4か月間の種付け部門から、次の配属になったのが、分娩部門です。

1-1.jpeg

種付け後、114日目(種によって違いもあるそう)で出産するのが豚の特性です。
その出産間近の期間の母豚や、離乳までの子ブタの管理を行っている部署です。

分娩で一番印象に残っている仕事は、ツマリと呼ばれる作業です。
文字通り、出産途中の母豚内で、子ブタがツマってしまうのを防ぐのが仕事です。

ブタは一回の出産で10頭前後の子ブタを産みます。なので、途中で出産する力が弱ってしまうブタもいるのです。また、人間と同じように頭が産道内でひっかかってしまうことも。さらに、ツマリを見逃すと、母豚の生死にまで関わってくるのです。

1-3 (2)



曽我の屋さんでは、1日20~30頭が出産します。そのため、母豚の状態を素早く管理すること。また、出来る限り母豚にダメージを与えないように、自力で産める豚、また出産の終わりの見極めが重要です。


これが、初めは全然理解できずに苦しみました。主任の中山さんは、パッと見て、ツマっているかどうかを指摘してくれるのですが、なぜわかるのかが理解できません。

そこで、中山さんをはじめ、分娩メンバーの皆さんはどのように見極めているか?を聞きに回りました。「ブタのいきんでる様子」「目の充血」「すでに何回お産をしている豚か?」「胎盤の量」など、いろいろなヒントをいただきました。

1-2.jpeg
--ツマリの作業で使用する道具です。--


「あとはとにかく経験だよ。」ということで、できるだけ集中してツマリを学べるようにと、中山さんをはじめ、メンバーのみなさんにご配慮いただき、ツマリの状態の見極めがだんだんとできるようになりました。

ツマリの見極めは、子ブタの生死に関わることなので、ものすごく責任感を感じたところに印象が深かった要因があるように思います。

また、はじめてツマっていた子ブタを助けたときは、命のあることの尊さや喜びを自分の手のひらの中で実感できたように思いました。

それは、これまでの人生の中で、味わったことのない不思議な感覚でもありました。

コメントの投稿

Secre

プロフィール

soganoya

Author:soganoya
私たち曽我の屋農興は、栃木県那須塩原市を中心に、安全でおいしい豚肉の生産および販売を行っています。そんな私たちの日々の出来事をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード