営業部紹介 その2(第87回)

営業部の佐藤です。今回は豚内臓商品を紹介いたします。

曽我の屋の豚の内臓商品は、基本的には豚を屠畜した翌日には、フレッシュの状態で注文先に納品しています。こんなに鮮度良好で、しかもトウモロコシを主体とした100%植物性の飼料で育っているので、臭みがなく甘味があり、豚肉の味以上に飼料の違いが出ると、納品先からも言われるほど美味しいです。私などは、レバーでさえも臭み消しなど一切せず、ただ塩コショウだけの味付けだけで、確かに美味いと納得しながら食しています。

 内臓商品の納品形態を掲載しましたので、ご覧下さい。

カシラ
カシラ

タン
タン

ガツ
ガツ

のどナンコツ
のどナンコツ

ハツ
ハツ

バラナンコツ
バラナンコツ

ミミ
ミミ

ハラミ
ハラミ

レバー
レバー

子袋
子袋

小腸
小腸

生大腸
生大腸

焼豚足
焼豚足

大腸
大腸

直腸(てっぽう)
直腸(てっぽう)

ここまで聞いて、百聞は一食にしかずと思われた方、お電話(0463-58-0485)fax(0463-59-0688)又はメール(buta@soganoya.co.jp)で販売資料請求とご連絡下さい。その後、価格表と注文表を郵送、fax又はメールでお送りいたします。
次回は、豚肉のパーツバランスの取り方の難しさを紹介しましょう。
プロフィール

soganoya

Author:soganoya
私たち曽我の屋農興は、栃木県那須塩原市を中心に、安全でおいしい豚肉の生産および販売を行っています。そんな私たちの日々の出来事をつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード